初めての方へ ご注文から発送まで データの作成方法 テンプレート 印刷ガイドライン

ご入稿データの作成方法について

[1] ファイルの種類について

■ 入稿可能なファイル形式

・ Adobe Illustrator <ai形式>

 バージョンは8からCC(最新)まで。
 フォントはすべてアウトライン化してください。
 画像は埋め込みでもリンクでもどちらも可。リンクの場合は、画像ファイルも一緒にご入稿ください。
 複数ページのデータを作る場合は、レイヤーでページを分けずに、複数のアートボードを設定するか、ファイルで分けるようにしてください。
 写真や文字の抜けがないか確認するために、各ページのスクリーンショットもしくはJPEGに書き出したものを同梱してお送りください。

・ Adobe Acrobat <pdf形式>

 保存形式はPDF/X-1aもしくはPDF/X-4をお勧めいたします。

・ Adobe Photoshop <psd形式>

 不要なレイヤーは可能な限り削除しておいてください。
 複数ページのデータを作る場合は、レイヤーでページ分けせず、ページごとにファイルを分けてください。
 Photoshop Elementおよび、Photoshop以外のアプリケーションから書き出したPSDファイルでもご入稿可能です。

・ 一般的な画像ファイル <JPEG・PNG>

 サイズと解像度が適切であれば、JPEGファイルやPNGファイルでのご入稿も可能です。
 

■ お受けできないファイル形式

・ 上記以外のアプリケーションで作成された固有形式のファイル

 IllustratorやPhotoshop以外のグラフィック/イラストソフトで作成している場合は、PSDやJPEGなどに書き出してご入稿ください。

・ Microsoft Office形式のファイル

 WordやExcel、PowerPointなどは印刷することはできますが、フォントや画像・色が画面の表示とは異なって印刷されたりする場合があり、またソフトの仕様として塗り足しの設定が出来ないので、お勧めいたしません。
 

■ RGBとCMYKと特色

 IllustratorやPhotoshopで特色(スポットカラー)を使用している場合は、必ずプロセスカラーに変換し、グローバルのチェックも外しておいてください。
 RGBのデータはなるべくCMYKに変換しておくことをお勧めしますが(画面の色と印刷物の色の違いが少ないため)、お使いのアプリケーションにCMYKへの変換機能が無い場合は、RGBのままでご入稿いただいて結構です。
 

■ オーバープリントについて

 K100%については元のデータでの指定にかかわらず、オーバープリントを行います。
 その他の色については、データ上での指定に従って処理を行います。
 

■ ファイル名のつけ方

・ 冊子の場合

 どのファイルがどのページか分かるように、ファイル名にページ番号を入れておいてください。

・ 名刺やハガキの場合

 ファイルが複数ある場合は、どれとどれが表裏になるか組み合わせが分かるようにファイル名をつけておいてください。

 

[2] サイズと塗り足しについて

■ サイズについて

・ 冊子印刷のサイズ(定型)

 オンデマンド印刷の場合、冊子の製本がが可能なサイズは中綴じ・無線綴じどちらの場合も、
 ・A4(縦長)
 ・B5(縦長)
 ・A5(縦長・横長)
です。
 A5よりも小さなサイズについても製本は可能ですが、念のため、ご注文前にお問い合わせください。

 オフセット印刷の場合は、
 ・A4(縦長)
 ・B5(縦長)
です。

・ 冊子印刷のサイズ(変形)

 オンデマンド印刷の場合は、A4縦長からA5縦長に収まるようなサイズであれば(たとえば、210mm×210mmの正方形など)、変形サイズも印刷可能です。
 

■ テンプレートファイルについて

・ Illustrator向けテンプレートファイル

 定型サイズのAdobe Illustrator用のテンプレートファイルはこちらのページからダウンロードしてください。

・ Photoshopの場合

 テンプレートはご用意いたしておりませんので、下記の解像度とサイズの表を参考にキャンバスサイズを指定してください。
 

■ 塗り足しについて

・ 塗り足しとは?

 塗り足しとはフチなしの仕上がりにする際に、印刷後に断裁する部分のことです。
 ここに絵柄がないと、フチにうっすら白い部分が残る場合があります。
 B5冊子だからといって、ぴったりB5サイズでつくってしまうとあとからの修正作業が大変になるのでなので注意が必要です。

・ 塗り足しのサイズについて

 塗り足しは上下左右それぞれ3mmずつあれば結構です。
 それぞれ3mmずつ必要ですので、たとえばB5(182mm×257mm)の場合は塗り足しを含めると188mm×263mmとなります。

・ 冊子の見開きページについて

冊子で見開きデータの場合は、ノド側(綴じている側のこと)の塗り足しは不要です。B5冊子で見開きの場合は塗り足し込みで、370mm×263mmになります。
 なお、冊子データを入稿する際は、見開きと単ページが混在していても問題ございません。

・ 塗り足しの注意点

 塗り足し部分は最終的に切り落としますので、文字やページ番号など、切れてしまうとよくない箇所は、塗り足し部分にはみ出ないよう、できれば、仕上がり位置よりも数ミリ程度内側に収まるようにデータを作成してください。
 

■ 画像の解像度について

・ カラーイラストや写真の場合

解像度は300〜400dpi程度で保存してください。

<画像データに必要なピクセル数>
  サイズ(塗り足し込み) 300dpi   400dpi
A3 (426mm×303mm) 5031px × 3579px   6709px × 4772px
B4 (370mm×263mm) 4370px × 3106px   5827px × 4142px
A4 (216mm×303mm) 3579px × 2551px   3402px × 4772px
B5 (188mm×263mm) 2220px × 3106px   2961px × 4142px
A5 (154mm×216mm) 1819px × 2552px   2425px × 3402px
ハガキ (106mm×154mm) 1252px × 1819px   1669px × 2425px
名刺 (97mm×61mm) 1146px ×   720px   1528px ×   961px

・ モノクロデータの場合

解像度は300〜400dpi程度で保存してください。

<画像データに必要なピクセル数>
サイズ(塗り足し込み) 300dpi   600dpi
A3 (426mm×303mm) 5031px × 3579px   10063px × 7157px
B4 (370mm×263mm) 4370px × 3106px     8740px × 6213px
A4 (216mm×303mm) 3579px × 2551px     7157px × 5102px
B5 (188mm×263mm) 2220px × 3106px     4441px × 6213px
A5 (154mm×216mm) 1819px × 2552px    2425px × 3402px
ハガキ (106mm×154mm) 1252px × 1819px     2504px × 3638px
名刺 (97mm×61mm) 1146px ×   720px     2268px × 1441px

・ モノクロ2階調イラストの場合

 スクリーントーンを含むモノクロ2階調のイラストの場合は、600pdiもしくは1200dpiのどちらかで保存してください。それ以外の解像度の場合は、モアレが発生する場合があります。

<画像データに必要なピクセル数>
サイズ(塗り足し込み) 600dpi   1200dpi
A3 (426mm×303mm) 10063px × 7157px   20126px × 14315px
B4 (370mm×263mm)   8740px × 6213px   17480px × 12425px
A4 (216mm×303mm)   7157px × 5102px   14315px × 10205px
B5 (188mm×263mm)   4441px × 4213px     8882px × 12425px
A5 (154mm×216mm)  3638px × 5104px    7276px × 10208px
ハガキ (106mm×154mm)   2504px × 3638px     5008px ×   7276px
名刺 (97mm×61mm)   2268px × 1441px     4535px ×   2282px


 

[3] 冊子データを作る際の注意点

■ 見開きページ

 見開きページはそのまま見開きの状態(2ページ分)でデータを作っていただいて結構です。見開きデータと単ページのデータのファイルが混在していても特に問題はございません。
 

■ 中綴じ冊子の注意点

 中綴じ冊子では、紙が厚い場合や、ページ数が多い場合、折ることによって外側と中側で若干のずれが生じ、小口側の仕上がり位置ギリギリに配置されている文字などは断裁の際に切れてしまう恐れがありますので、あらかじめ余裕を持ってデータを作成してください。なお、弊社での面付けの際のクリープ処理は行いません。
 

■ 無線綴じ冊子の注意点

 背幅はページ数や紙の厚みによって変わります。こちらのページに掲載しておりますので、データを作る際の参考にしてください。若干の誤差はございますので、背の折りギリギリの絵柄などはお控えいただいたほうが無難です。
 背を糊付けしますので、開いた際のノド側の文字や絵柄がすこし見えづらくなります。

 

[4] ご入稿について

■ メールでの入稿

 弊社使用のメールサーバにて受け取れる添付ファイルはおよそ20MBまでです。また、お客様がご契約されているプロパイダによっては、送信可能容量がそれ以下に制限されている場合もございますので予めご確認の上、送信ください。
 メールの本文には「受注番号・お名前」を必ずご記入下さい。
 トラブル防止のために必ず「入稿完了メール」を送信して下さい

 入稿用メールアドレス:info@45print.net
 

■ ファイル転送サービスでの入稿

 インターネットには宅ふぁいる便など、無料でファイルの転送を行えるサービスが多数あります。
 利用方法・規約等については各サービスのサイトにてお確かめください。
 なお、ファイルの数が多い場合は、圧縮して1つにまとめるか、ファイル名の一覧を別途メールでお送りください。
 トラブル防止のために必ず「入稿完了メール」を送信して下さい
 

■ 郵送での入稿

 最終データと完成状態の出力見本・「受注番号・お名前」を明記の上、ご郵送下さい。
 弊社では、CD-R(RW)、DVD-Rに対応しております。
 送付先:〒635-0821 奈良県北葛城郡広陵町笠259-4 伸光印刷株式会社
 

■ メールについて

 ご入稿後に弊社よりデータ受信完了およびデータの不具合などについて、メールをお送りしますので、@shinko-print.co.jp、および@45print.netからのメールを受信できるよう(迷惑メールソフトなどによって削除されないよう)設定しておいてください。

2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
納期について
□ 営業日  休業日 営業時間 9:00〜17:30 
 ≡ オンデマンド印刷 商品一覧